1. >
  2. 日本で起きた主な薬害事件

ライ症候群

ライ症候群は、急性脳症の一つで小児が主に罹患すること知られています。 また、この病気はウィルスによる感染と薬剤の作用によって引き起こされるとされる説があることで知られています。 しかし、実際には、現在でもライ症候群の罹患…

薬害ヤコブ病事件

薬害ヤコブ病事件について考えます。 まずはヤコブ病についてですが、正式には、クロイツフェルト・ヤコブ病と呼ばれています。 症状としては、突然歩けなくなる、話せなくなる、思考できなくなるという無言無動状態になることです。 …

薬害肝炎

薬害肝炎は、人間の血液を採取して、血液凝固因子を精製して作られるフィブリノゲン製剤や非加熱第8因子製剤、非加熱第9因子製剤などの血液凝固因子製剤の投与によってC型肝炎ウィルスに感染した被害のことを指します。 製薬会社は、…

ソリブジン薬害事件

1993年10月にソリブジン薬害事件の最初の症例が報告されました。 ウィルス感染症の治療薬であるソリブジンは、単純ヘルペスウィルス、水痘、帯状疱疹ウィルス、EBウィルスなどの有効とされています。 1979年にヤマサ醤油に…

薬害エイズ事件

薬害エイズ事件は、血液製剤により血液製剤により、血友病の患者がHIVに感染した事件です。以下にこの事件の経緯を説明します。 1982年当時、米国ではすでにエイズ原因ウィルスが疑われ、血液製剤による感染の危険債が指摘されて…