1. >
  2. >
  3. シダトレン
花粉症

シダトレン

年々増加している花粉症患者。
もはや社会問題と言っても決して過言ではない程、春先になると多くの人がマスクを着用し、鼻水や涙と付き合っています。
また、それまでは花粉症ではないと思っていたものの、どうやら花粉症にかかってしまったという人も増えています。

原因物質を体になじませる

花粉症対策グッズも多々発売されており、国民的症状と言っても過言ではない程に多くの人が悩まされている症状なのですが、花粉症に対しての新薬がシダトレンです。
平成26年の10月より、保険適用で治療が開始されているのですが、シダトレンはスギ花粉エキス舌下液でヨーロッパでは古くから用いられているおかげで広く認知されており、多くの医療機関で行われているのです。

世界保健機構からも安全な治療としてお墨付きをもらっているのですが、日本では注射による治療が一般的です。
いわゆる「減感作療法」と呼ばれているもので舌に薬をたらします。
かつて日本の花粉症対策といえばスギ花粉の抗現役を継続的に注射する治療法で、スギ花粉の濃度を徐々に濃くするのです。

濃くしたらかえって花粉症が悪化してしまうのではないかと思うかもしれませんが、スギ花粉の濃度を高める事によって花粉症の原因物質を体に慣れさせるのです。
免疫を付けさせることによって症状を軽くする事が出来るものでした。

ですがこれは通院が必要ですし、時間と根気が求められるものでした。
その点シダトレンですと、注射ではなく舌の下部に薬を垂らすだけです。

自分でできる

病院に足を運ばなくとも自分だけで簡単に行う事が出来るのです。
この点は何より大きなメリットと言えるでしょう。
通院も二週間に一度程度で良いため、患者の手間も負担もより軽減されるのですが、二週間というのは新薬だからです。

新薬の場合、薬の処方が最長で14日なのですが、2年目からは60日分の処方が可能になります。また、これまでの花粉症治療よりも副作用が軽くなるのも特徴です。
臨床試験に於いても重い副作用は確認されていませんので、手軽な治療法として確立されつつあります。
花粉症は春の訪れと共にやってくるものですので、おかげで春になるのが嫌だという人も増えています。

生活を変えるかもしれない

日本の四季の中で春は秋と共に過ごしやすい時期です。
暑過ぎず寒すぎず。
観光したりお出かけしたりといろいろと楽しむ事が出来る季節なのですが、花粉症のおかげで何もやる気が起きないと言う人も多いです。

外に出るとくしゃみや鼻水が止まらなくなるくらいなら家にいる。
せっかくの休日でも花粉症だからと家に籠っている人も多いのですが、シダトレンを用いる事によって春も楽しめるようになります。
花粉症を軽減する事が出来るのですから、花粉症対策はもちろんですが、春の過ごし方まで変わってくるでしょう。