1. >
  2. >
  3. 薬剤師の役割とは

薬剤師の役割とは

薬剤の処方ミスを防ぐ

薬剤師と聞くと、病院で薬を渡してくれるというイメージが強いかもしれません。
実際には、薬剤師は医薬品に関するスペシャリストであり、患者の病気や怪我を治す為に、薬を調合したり研究を行ったりしています。
主な就職先は病院や保険調剤薬局となっており、このような医療現場で働く薬剤師は、医師の処方箋に基づいて正しい分量で薬を調剤することが大切な役割となっています。

病院はたくさんの入院患者がいますので、内服液から外用薬、注射液、点滴や輸液にいたるまで、様々な薬を準備します。
それらの薬の管理をしたり、1人1人に合ったものを用意します。
薬を調剤すると言っても、ただ処方箋に書かれた内容に沿って調合すれば良いという訳ではありません。
薬には副作用のリスクがありますので、それを回避する為に、その患者が他の薬を併用している、アレルギー体質がある、妊娠している等の確認を行い、薬の副作用の可能性がないかどうかを、薬を渡す前に必ず確認をします。

このような確認は、医師が薬の処方をする時にも患者に質問しているべき内容なのですが、医師も人間ですので、必ず100%ミスをしないという保証はありません。
医療分業という考え方であり、医師と薬剤師がダブルチェックをすることで、処方のミスがないように何重にも確認をすることができます。

患者さんの不安や疑問を解決

以前は、病院で医師が処方された薬であれば、患者は疑問も持たずただそれを服用すれば治るだろうと、自分で調べることも、効能をよく知ろうとすることもなく使用するのが当たり前でした。

最近では、医療現場での「インフォームドコンセント」、いわゆる患者・家族が医師から十分な説明を受けてきちんと理解をし、関係者と互いに情報共有をした上で治療方針に合意をするというプロセスが重要視されていることもあり、また、インターネットで個人でも手軽に医薬品の情報を手に入れることができるようになった経緯もあって、患者自身でも自分が服薬しているものがどんな薬なのか、ちゃんと知るべきだと認識されるようになりました。

また、現在はほとんどの調剤薬局において、「お薬手帳」という患者1人1人の薬歴を記録できる手帳が配られていますので、自分が服用している薬の種類を、各自でちゃんと把握している患者が多くなっています。
このように、医療のあり方が時代と共に変化する中で、薬を渡される際に、積極的に薬剤師に質問する患者も増えており、薬に関する疑問や不安を解消するという役割も担っています。

薬剤師の忘れてはいけない役割に、服薬指導があります。
服薬指導とは、どの薬をどのタイミングで、どれだけの量を飲めばよいかをわかりやすく説明することです。
食前、食後、就寝前等、服薬する錠剤数、種類等、患者さんが飲み忘れや飲み間違いをしないように指導を行います。