1. >
  2. >
  3. 薬剤師の魅力について

薬剤師の魅力について

女性が生き生きと輝ける職場

薬剤師は、国家資格を取得することで、専門性の高い職務につくことができる職業です。
待遇や仕事内容で男女が差別されることがなく、国家試験に合格さえすれば、男女性別問わず、同等の労働条件下で働くことができます。
その為、女性が活躍しやすい職業とも言われており、現在働いている薬剤師の男女比は「男性4:女性6」となっていますので、この結果からも女性が多い職場であることがわかります。

薬剤師は特に、力仕事や営業、接客をすることを求められる訳ではなく、患者やその家族の為に、薬学の専門家としての知識を活かす職業です。
求められて応える達成感もありますので、女性が生き生きと輝ける職場であると言えるでしょう。
また、深夜残業や出張もありませんし、体力がないという女性でも働きやすい仕事です。

給料面でも、一般企業に勤めるOLと比較すると高収入であり、安定した生活を手にいれることができます。
国家試験を必要とし専門性が高いため、結婚や出産で現場を離れたとしても、比較的再就職がしやすいことも女性にとって大きな魅力と言えるでしょう。
正社員ではなくても、パート、アルバイト、派遣社員としても働くことができますので、生活スタイルに合わせて自分の希望する職務体系を選択できます。

患者と薬を安全に繋ぐ架け橋

薬剤師の大きな役割は、薬を処方する際に必ず薬について説明をすることです。
その薬にはどのような効き目があり、どのように服用するべきか、どのような副作用が考えられるか等、患者が理解して安全に服薬できるように理解してもらいます。
薬剤師が丁寧にわかりやすく説明をすることで、患者自身が正しい知識を持つことができ、飲み忘れや飲み間違いを防ぐことにもなり、確実な薬の服用につながります。

言うならば、患者と薬を安全につないでくれる架け橋のような存在です。
自分が渡す薬によって、症状が改善していくのを見て、治療をサポートするやりがいを感じることができます。

独立開業も夢じゃない

薬剤師の資格と持っている人は、病院や調剤薬局に勤めることもできれば、独立して自分の調剤薬局を持つことも可能です。
日本全国に病院やクリニック、診療所等の医療機関がありますので、薬局も同様に全国どこへ行っても必要とされる存在となるからです。
都市部で働いている薬剤師の中には「いつか地元に帰って開業したい」という希望を持つ人もおられるでしょう。

または、そろそろいい年齢になったし、自分1人でやってみたい」という場合でもできる可能性が十分にある職業になります。
自分で開業すれば、営業時間や休日のスケジュールを自分で決めることができる上に、努力次第で高収入も十分にありえるという点においても、十分魅力的な職業と言えるでしょう。