1. >
  2. >
  3. 薬剤師に役立つ資格:緩和薬物療法認定薬剤師
薬

薬剤師に役立つ資格:緩和薬物療法認定薬剤師

緩和薬物療法認定薬剤師の役割とは何か

がんも末期になるとひどい痛みが遅い、がん患者の皆さんを苦しめます。
痛みや症状の緩和ということが目的となる終末医療に関しては、痛みの緩和ということが重要課題になりますが、このがんの痛みや症状を管理するために高度な薬剤の知識を持っていることを認定する緩和薬物療法認定薬剤師に注目が集まっています。

がん治療の中で痛みをコントロールするという薬剤師の働きは非常に大きなもので、利用するお薬によって痛みや症状の緩和をいかに考え、実際に患者さんが楽になる様に処方支援ができるか、これはがん患者にとって救いとなる専門知識となります。

ホスピスや緩和ケアなどの病棟は数が少ない一般病棟や在宅でも、緩和ケアを提供するためのシステムづくりが急がれている今、痛みや症状の緩和についてがんに利用するお薬の専門的知識を持っている緩和薬物療法認定薬剤師の存在も大きなものとなっています。

がん治療全般の知識も必要となる

がんを患っている患者さんの中でも、緩和ケアが治療の中心となっている方にとって、痛みをとるということは非常に大切な要素です。

緩和ケアについての知識と共に、薬剤師としてがん治療についても知識を持っておくことが必要となる緩和薬物療法認定薬剤師は、患者さんとの対応の仕方も共に学ばなければなりません。

がん治療全般の知識をしっかり持ち、今患者さんに何が必要なのかを考えることができるようになるためにも、緩和ケアということについて深い知識を持ち、その上で薬剤師の知識を使うことができるように、臨床現場の経験なども必要となっています。

がん患者さんの痛みは個々で違う

がん患者さんの痛みはそれぞれで皆さんが統一痛みを持っていて、同じ薬が作用するということはありません。
その方の症状によって利用する薬剤にも違いがあり、同じがんでも効果が出る場合とでない場合もあります。

がんのお薬について高い専門性を持ち対応できるようになれば、利用するお薬についても、患者さんに寄り添いながら考えることができると思います。

緩和薬物療法認定薬剤師は、治療についての知識、薬剤についての知識はもちろん、がん患者さんの痛みについて個々に違うといった症状の違いも、理解しておくことが求められます。

緩和薬物療法認定薬剤師になるための資格条件は?

日本緩和医療薬学会の認定試験に合格することが求められますが、その前に、条件をクリアしていなければなりません。

試験を受けることができる条件は、薬剤師としての5年以上の実務経験がある事、学会会員であること、緩和ケアチーム、緩和ケア病棟などで3年以上緩和ケアに従事し、学会発表等2回以上行っていること、さらに所属施設長の推薦が必要です。

また一定以上の症例提示が求められますので、緩和ケアに関わった実績など、しっかりと保有しておくことが求められる資格です。