1. >
  2. >
  3. 薬剤師に役立つ資格:サプリメントアドバイザー
サプリ

薬剤師に役立つ資格:サプリメントアドバイザー

日本でも利用が多くなっているサプリメント

バランスのいい食事をとるということが健康につながるということは誰もが承知していますが、忙しい生活の中でなかなかバランスのいい食事に気を付けるということも難しい現代です。

食事に足りない栄養素を補うということでサプリメントの利用が多くなっていますし、年齢を重ねてから体に支障が来ないように、グルコサミンなどのサプリメントを利用している方も少なくありません。

また美容という面でもコラーゲンやエラスチンなど、お肌をきれいにしてくれる栄養素の入ったサプリメントを利用されている方は多いと思います。

こうしたサプリメントについて正しく、また健康生活に活かせる使い方ができるように様々アドバイスすることができるサプリメントアドバイザーの資格に今注目が集まっています。

この資格は日本サプリメントアドバイザー認定機構、また日本ニュートリション協会が認定しているものがあり、いずれも健康機能食品やサプリメントを栄養状態等考慮しながら適切に利用してもらうため、専門的なアドバイスを行うサプリメントの専門家として認定しています。

サプリメントアドバイザーの資格の取得方法

日本サプリメントアドバイザー認定機構については、栄養情報担当「NR」という資格とサプリメントアドバイザー「SA」という資格が統合され、「NRサプリメントアドバイザー」という資格もあります。

この試験を受験するためには、まず日本臨床栄養教会に入会することが求められ、通信教育若しくは学会に参加することで、研修単位40単位を取得することが必要です。
この場合、公認テキストでの学習が必須です。

この試験は年1回、12月の第一土曜日に行われており、東京や大阪、新潟などの全国数か所で実施されています。
試験は択一式学科試験で90問が出題され、合格率は40%ほどです。

試験に合格するNRサプリメントアドバイザーの認定証、認定カードが授与されますが、この資格については有効期限があり、5年となっていますので、5年ごとの更新が必要です。

更新するためには日本栄養協会の正会員を継続していること、また更新のために必要な50単位の研修を取得しレポート提出をしなければなりません。

医師や看護師なども資格取得されている

この資格を最も多く取得されているのが薬剤師ですが、実は医師や看護師なども医療に活かすために、このNRサプリメントアドバイザーの資格を種痘されているといいます。

看護師や医師など医療機関に勤務されている方にとっては、患者さんの健康状態の把握、管理などが必要となり、処方するお薬などについてもアドバイスすることが多くなります。

薬剤師は勤めている店舗などでサプリメントについての質問を受けることも多いため、専門的知識を持っておくためにもこの資格取得が人気となっているようです。