1. >
  2. >
  3. 定着率の悪い職場

定着率の悪い職場

定着率の悪い職場と良い職場

定着率の悪い職場、良い職場どちらかを選ぶなら当然定着率の良い職場に行きたいものですよね。
定着率の悪い職場には共通点があります。
まずはやっぱり人間関係ですね。
上司の性格や根本的な人柄自体に問題があったりするとなかななか長く職場にとどまろうとは思わないですよね。
病院や薬局の職場内の人間関係が悪いことも定着率が悪くなる要因にもなります。

もう1つは条件・待遇面です。
仕事量に対して、満足のいく給与がもらえないなどといった不満や残業やサービス残業、
雑用などがとても多くてやってられないなどいった声もよく聞かれます。
薬剤師さんは実力をつけることができる環境であればどんな条件でもやると考えている方もいれば、
高収入のみを希望とする方もいらっしゃいますし、残業は絶対無理。休みは必須。というプライベート重視派の方もいらっしゃいます。
これは薬剤師に限らず、社会人の共通項ですね。
ですので職場が良くて、どの職場がダメかというのは一概には言えません。

定着率の良い職場の共通点

それでも、上に書いたような職場であれば注意するにこした事はないと思います。
では逆に、定着率の良い職場の共通点はどういったところなのでしょうか。
これも薬局や病院に限らず、全ての業種に関して言えることではありますが、
人間関係が良くアットーホームな空気が流れている職場だととても働きやすいですよね。
また休みも十分にあり有給消化もしっかりできていたり、産休や有給制度が整っており復帰の実績も多ければ、
女性の薬剤師さんにとっても非常に有利ですね。
さらに福利厚生もしっかり整っていて、社員を大事にしている企業ですとまず定着率の高い企業と考えて間違いないでしょう。

ただ、このご時勢このような理想の企業に出会えて就職できるかどうかというのは、非常に難しいかもしれませんが、
自分の中で何を優先にするか考え、しっかりと企業を選ぶことが、その企業に長く在籍することができるのではないでしょうか。
しかしながら、転職の際、薬剤師の求人を見てもどの薬局、どの病院が働きやすくて
定着率が良いかという事を見極めるのは非常に困難です。
そんな時は薬剤師専門の人材紹介会社などに問い合わせてみるのも1つの手段として有効です。
なぜなら定着率の高い職場=人材の出入りがあまり多くない企業ですので、そこへ就職するには採用枠がなかったり
少なかったりで大変だとは思いますが、そういったところを人材紹介会社だと案件の多い少ないで把握しています。
一概に出入りの激しい企業はよくないとは言えませんが、参考にしてください。