1. >
  2. >
  3. 医療従事者の求人問題

医療従事者の求人問題

医療従事者の求人

薬剤師の求人情報は、一般の就職・転職情報誌に掲載されている為、多くの人の目に触れます。
最近では、医療業界の人手不足が深刻化しているので、
「医療業界特集」などといった求人情報誌の表紙をよくみかけるようになりました。
その求人欄を見ると、医療従事者の待遇は賃金面を見る限り、一般職種よりも好待遇かつ好条件のように感じます。
しかし、その待遇にも関わらず人手が足りないというのは、医療従事者の資格保持者人口が少ないということなのでしょうか。
ところが実際は、現役で医療に従事している方の数と同じくらい、
資格を持っていながら眠らせてしまっている方が存在するらしいのです。

特にそれは女性に多く、結婚や出産といった環境的な転機を迎えて、仕事を辞めてしまうのことが考えられます。
しかし、一般の仕事でしたら、家庭との両立や育児が一段落してからの復職は
むしろ多くの方が望まれる傾向にあるのに対して、医療従事者に関しては例外のようです。
仕事の内容・環境を想像しても、不規則であったり、重労働などの職場の環境が、
家庭との両立や復職の妨げとなることは想像できます。
また、独身であっても環境の変化ではなく、体調を崩して退職する率も高いのは職場環境として問題があることを示しています。
以前から医療従事者の労働条件の改善や向上は課題とされてきましたが、
実際のところ、いまだに実際の現役の医療従事者が増加の傾向になく、
現場での人手不足が解消されていないことからも、改善されていないということは間違いありません。
現場での人手不足を解消するために、私設の医療機関では、賃金条件をよくしたり、
環境設備を整えるなどの投資は止むを得ないと考えているようですが、結局これらのしわよせがどこかにくることになるのです。
経営を圧迫された私設の医療機関は、経済理由により医療行為の縮小や、
新薬や新検査器具などの購入が思うようにできなくなり、結果、よりよい治療を受けられなくなるという事態を招く事になります。

保健医療の増化と悪化

進んだ医療や十分な治療を受けることが出来なければ、病気を未然に防ぐどころか、病気の進行さえおさえきれずに、
保健医療の増化・悪化の末、国民全体がその代償を払うことになるといっても過言ではありません。
これからの高齢化社会の中で、医療問題はとても重要なポイントになります。
高齢者が健康を保てる医療環境を構築することで、少しでも国の保険医療費の負担を軽減し、
先を見据えての今からの対処に力を入れていくべきではないでしょうか。

賃金面などの好待遇のような目先の利益で求人を行わなければ、
医療従事者が確保できない今の現状は、患者にとっても不安感や不信感を引き起こします。
過酷な責務を担う医療従事者が、それを理解した上で、医療現場で力を発揮しようと思える
職場環境づくりという課題を、国全体が真剣に取り組んでいっていただきたいです。
医療が国民生活を守ってくれているのです。
健康は国の財産なのだと思います。