1. >
  2. >
  3. パートとして働く
パート

パートとして働く

薬剤師として働く時、どんな雇用形態で働きたい?

薬剤師という資格をもって働く場合、正社員になるか、パート、アルバイトという雇用形態を選ぶのか、人によって環境も家族の都合などもありますので、それぞれ希望があると思います。

最近は薬剤師の求人について正社員雇用もありますし、パート、アルバイトといった雇用も現在ではかなり多くなっています。
では、薬剤師がパートとして働くということを考えると、どのようなメリット、デメリットがあるでしょうか。

パートで薬剤師として働く魅力は?

まず正社員雇用よりもパートの雇用の方が断然募集が多いという魅力があります。
パートとして働いていて、意欲をくみ取ってもらい正社員登用となったというお話もありますので、パートはその先、正社員雇用を配慮して働くということもお店によっては考えることができます。

パートの場合、正社員ではないので社則に沿って働くというよりも自分の都合で働くことができる雇用です。
勿論働くお店のパートさんたちでスケジュール、ローテーションなどがあり、自由にならないこともありますが、正社員と比較して時間調整がうまくできます。

薬剤師の調剤薬局などチェーン店の場合、移動、転勤などが多くなるという傾向が強いようですが、パートの場合、移動も転勤もないので、働きやすいという特徴がありますし、薬剤師のパートはその他のパートと比較して時給がいいという点も魅力です。

条件を満たしていれば社会保険に加入させてくれるお店も多いですし、人間関係などに悩んだ時、正社員の場合、退職願を出してから受理されるまでに時間がかかりますし、即辞めたいということもできません。
しかしパートの場合、働くことが苦痛などの理由で辞めやすいということもあります。

パートで薬剤師として働くデメリットは?

まずどんな業務でも同じですが、パートは安定的な収入になりにくいということが多いです。
決められたシフトでほぼ毎月同じくらい働くということになれば、安定的な収入となりますが、そうではない職場の場合、収入が安定しないというデメリットがあります。

正社員の場合、一般職でもボーナスがありますし、退職の時にも退職金が出ます。
パートの場合、貰えるのは自給のみなので、正社員と比較して年収はかなりの差となります。

夫の扶養内で働きたいということならパートは魅力的な働き方になりますし、介護する必要があるご家族がいるとかお子さんがまだ小さいという場合など、融通が利く魅力がありますが、お給料という部分では正社員に追いつけないというデメリットもあります。

またスキルアップしたいと思っても、管理職として働きたいと思っても、パートの場合、責任ある仕事に就かせないという仕事場もあります。
スキルアップしたい、もっと責任ある仕事に就きたいということならやはり正社員雇用を狙う方がいいでしょう。