1. >
  2. >
  3. 薬剤師に関するセミナー情報
薬

薬剤師に関するセミナー情報

薬剤師 セミナー情報

薬剤師というのはなってからが本番と言えるでしょう。
つまるところ、なるまでも当然勉強しなければならないですがなってからも専門職といて勉強していく必要があるからです。
そこで今回はそういった薬剤師向けのセミナーでどういったものがあるのかというのを少し紹介していこうと思います。

まず初めに新人薬剤師向けのセミナーや講習会を紹介しましょう。
一般社団法人のあゆみの会という施設では薬剤師たちに対して幅広い講習会を開いています。
中でも新人や初級向けのセミナーのコースでジュニアコースと呼ばれているものがあり、
専門知識をいかに一般の利用する人に対して昇華させるか、というアプローチの部分を導入とし、
薬剤師としてどのように業務に就くべきか、ということから学ぶことができるのです。
またセミナーだけでなく参加型研修会という形をとっており、ディスカッション形式で意見交換をしたり、
ロールプレイを通じて学ぶことができるので非常にお勧めです。また中堅者向け、管理者向けのプログラムも受けることができます。

一例をあげると直近のものであれば夜尿症の病態について、
それにかかわる治療方法や治療薬について学ぶことができるというもので、
薬の種類を知っているだけでは仕事にならないというのが個のテーマから読み取れることでしょう。
症状を知るだけだと、そうはいかないからです。
両方備えているからこそ医療従事者として医師とも薬の有用性について話すこともできますし、
医師がどういう意図でその薬を出すのかということを考えることができるというものです。

セミナーや研修会をおこなっている場所

他にもセミナーや研修会を開いているところもあります。
このあゆみの会だと研修を受けることにより認定薬剤師とよばれるより良い薬剤師という肩書も得ることができます。
他にも研修会は全国の都道府県でも行われており、あゆみの会であれば岡山や中国地方を中心としていますが、
関東であれば大学の薬学部や求人サイトでも同様のセミナーが行われることもあります。
大学の薬学部?と思うのですが大学生が教えるのか?と一瞬思われたかもしれません。
会場は慶應義塾大学の薬学部になりますが、あくまでもこれは認定薬剤師の認証機構で使われているだけで、
セミナーや講習会ではまた別口で行われています。
小規模なものになると個人単位や得意なものを専門としてそこだけを特化して行われるセミナーや研修会があります。
他にもファーマリンクで行われている研修制度というものがあります。
研修内容も勉強会やステップアップ研修等種類も豊富なので活用するのもありです。

情報がとても多く仕入れることができるのでインターネットを通じてそういったセミナーを探すのも一つです。
最近だとFacebookやTwitterといったソーシャルネットワーキングサービスで、
同じ志を持った人たちで有志を募って勉強会を行っているとも聞きますし、
意外なところで薬剤師の求人のオファーが待っているかもしれません。

こういった勉強会は地方に住んでいる薬剤師の方には非常に有益な情報であるのです。
といいますのも、地方の人だとどうしても開催される研修会の場所までに行くことが困難なことが多いのです。
そういったデメリットの部分を多く解消してくれるのがそういったSNSをツールとした
新しい形でのセミナーや講習会の賛歌なのではないかと考えます。