1. >
  2. >
  3. 製薬会社の方の為のニュース

製薬会社の方の為のニュース

「丸山ワクチン」

丸山ワクチンと聞けばすぐに思い浮かんでくるのが細胞に対して効く抗がん剤のお薬であるという事でしょう。
抗がん剤と聞くとどうしても副作用をはずしては考えられないものですよね、
というのもそれだけ強い作用をするお薬だからということです。
ですがこちらのワクチンはその副作用自体が少なく軽いのが特徴であります。
もっとも少ないといってもいいかと思います。
患者の皆様からしたら癌にも効いてさらには、作用も軽いので副作用が出る確率が低いとなると誰でも喜びますよね。
ですがこのワクチンは厚生省には認めてもらえなかったが為今では使われていないのです。
理由は単独では一番悪性の強い場所に攻撃することが極めて弱いからという事でした。
認めてもらえなくて大変な思いをする患者のみなさんが増え続けるというのは本当に心苦しい問題だと思います。

「βラクタム環」

βラクタム環というものをご存知の方は知っているかと思いますが、抗生物質の仲間であります。
これ単独だけではほとんどの方が聞いたことがないおっしゃる方ばかりだとは思いますが、
ここ最近「ペニシリン」というお薬の名前を聞いたことがあるかとは思います。
このβラクタム自体はペニシリンとは違うのですが、2つの環が合わさることによって
ペニシリンになったりその他の抗生物質へとなるのです。
そしてこの抗生物質自体はとても副作用が少ないので、身体の中に取り込まれると大体の抗生物質は攻撃性を発揮していきます。
ですがこのβ―ラクタム環は攻撃をするのではなくて悪いものから守ってくれるバリアの働きをしてくれます。
これが今現在もっとも多く使用されている一番の理由だといえますし、
それにこの様なお薬がもっと沢山開発されれば救われる方がもっと沢山増えるのだと思います。

「女性ホルモン」

女性なら誰しもが一度は気にしたことがあるのがこのホルモンですし、
それに最近では中性的になりたいと願う男性にも大変人気があるのだそうです。
女性ホルモンというのは年齢を重ねていけばいくほどに失われいき、それが見た目にもあらわれてしまうのです。
さらには年齢を重ねるだけではなくて、現在ではストレスが原因で減ってしまうことが判っています。
この女性ホルモンなのですが、じつは男性とは少し違うところがあるのをご存知でしょうか。
というのもこのホルモンには2つのホルモンがあるのだそうです。
それも「発情」と「着床」の2つだそうで、この2つのバランスがとれていなければ生理において不整になったり、
妊娠をしにくくなってしまうのです。
つまりは身体の中には必要なものだといえます、
ですが安易にこのホルモンを注射したりすることは逆に言うと危険であると言えます。
それだけ強い作用があって身体にとっては注意しておきたいものということなのです。
若返るためだったり、中性的なりたいなどといったことがら安易な気持ちでこのホルモンを身体の中に
取り込んでしまわないように注意してもらいたいなと思います。