1. >
  2. >
  3. 消費者のニーズにこたえること

消費者のニーズにこたえること

消費者のニーズ

薬剤に対する消費者の需要は多様化してきているのが、今の社会です。
新しい新薬、健康食品、特定保険食品など消費者にとってたくさんの市販薬がありふれた現代社会において、どのメーカーのどの薬が良いのかその薬を選ぶ際に必要な知識がないからです。
一般的にとってもメジャーだから、聞いたことがある名前だからよさそうだからという理由で市販薬を買っているという方もいるのではないでしょうか。

また、薬局に行くと、聞きなれない名前の薬であっても、比較的安い市販薬も置いてありますね。
さて、このような薬は大丈夫なのか、質についても疑問視することがあるというのが消費者ですね。
薬だから安ければよいというわけにはいかないのが現状です。

食品でも質を求めると、オーガニックのものなら多少高くなりますし、産地がわかっているものも無農薬のものも高いですね。
このようにして、質が高くなるとそれだけ値段が高くなる、すなわち安いものは質が悪いのではないかという判断になってしまうのが素人の考えですね。
こうしたときに、玄人つまり、薬剤師がわかりやすくアドバイスしてあげるということも必要ですね。

このように、安さだけを求めることではない薬の場合、どのメーカーのものがおすすめなのかということを伝えることも、今後の消費者のニーズということですね。
このどの薬がおすすめかということ、理由についても的確に伝えることこそが、消費者のニーズです。
さて、講習会でもこうした消費者のニーズを学ぶということがありますね。
こうした講習会に行くことでも、消費者のニーズにこたえることができるようになるのではないでしょうか。

こうした知識も必要とされる薬剤師の業界ですね。幅広く必要な知識です。
薬剤師になるためには、今では6年制の大学をという動きもありますね。
今までの4年制の大学からまたさらに2年多く学ぶということです。
それだけ、薬剤師という職種はおくが深いですね。

新しく出た医薬品

そのためには薬剤師は、新しく出た医薬品との相互作用データなどの最新情報の収集をしていき準備をしておくことが大事になります。
病院などの医療機関においても健康を管理している食品の専門家はあまり多くはないのです。
なので、単に使用しないように指導するといった方法では対応できない場合も生じているようです。
治療に使われている薬品の成分の相互作用や健康食品の知識などについて最新情報と正しい知識もった薬剤師がこれからは必要となるでしょう。

参考サイト→http://keio-physchem.jp/kensh/shushi.htm

今後必要とされるデータなどの解析、そして必要な健康食品についてのデータ、使い方、どのような健康食品がおすすめなのかということについても必須ですね。
またいろいろな健康食品が市販されるようになりましたね。
今では、ありとあらゆる業界で新しい健康食品が開発されて、売り出されるようになりました。
消費者にとっても、この健康食品は体に良いのか、効果があるのかということがわからない、誰に聞いたらよいのかということもあります。
こうしたときに必要とされるのが薬剤師です。