ニュースについて詳しくなろう

薬剤師向けのニュースってたくさんありますね。
話題は今流行っているウイルスや風邪についてのことだと思いますし、これから特に食中毒が多くなる時期です。
こうした食中毒の話題、薬のことだけでなく、こうしたニュースについても知っておくということは薬剤師として役に立つことです。

さて2009年6月の改正薬事法で、一般大衆薬はその副作用の度合いで「第1類」「第2類」「第3類」の3つに分けられました。
第1類とは、H2ブロッカーを使っている胃薬ガスター10。
そして今注目されてりるものとして鎮痛薬のロキソニンなど、副作用のリスクが一番高い薬です。
次は 第2類と呼ばれているものを紹介します。
これはリスクの高い風邪薬や解熱鎮痛薬を指していて、インターネットでの販売は禁止されています。
そして第3類になりますと、危険性では最も低いとされているビタミン剤などでインターネット販売が可能です。

参考サイト→http://www.onenationworkingtogether.org/partners/carrer/311

このようにして薬事的な法律も改定されている現代において、さまざまな薬学のことをイチから学ぶということもでてきました。
新しい新薬が開発されているだけでなくて、こうした法律までも改定され新しくなっています。
薬剤師として知っておかないといけない知識についても幅広くなりましたね。

この薬剤は、どこで販売できるのか、第3類に分類されるような薬剤はどのような薬なのかについても知っておくことは、今後薬剤師として活躍する際に必要なことですね。

また、このリスクの低い第3類に関しては、薬剤師などの登録販売者がいない状態でも販売できるということですね。
この理由から、さまざまなところでおかれていますね。
こうした知識について詳しいことを知っておく、第3の医薬品ということで売られるようになり、
市販に出回り、簡単にネットでも薬が買える昨今ですが、薬剤師の役割についてもまた認識しなおしたいですね。

薬剤師がいなくても手軽に買える医薬品もあり、難しいですよ。
薬剤師の役割はそれだけ重要な位置にあるのです。
こうした大衆向けに販売されている薬剤が手軽に買えるようになった背景には、病院にいかなくても、薬が手に入り簡単に治療できるということにもつながることは難しいことです。

この医薬品を正しく使えると薬になるですが、間違った使い方、用法や用量を間違えたり、風邪でないのに風邪だと思い込んで市販の風邪薬を飲んで良くなると思っていることもありますね。

こうした風邪とインフルエンザの見分け方もわからない素人でも買えるという市販されている薬ですがコンビにでも手軽に買える。
そしてコンビ二では、薬剤師も配置されていないというのが現状ですね。

このように改定された法律の裏側で、間違った処方によりよけいにひどくなったということもあるのではないでしょうか。
その症例に関してもさまざまな話題がありますね。
話題についても知っておくことで、よりいろいろなことを案内できます。