ジェネリック医薬品とは

薬には一般の薬局などで売られている一般用医薬品と、医療機関の診察を受けて処方される医療用医薬品があります。
医療用医薬品は医師の診断を受けてからでないと入手することができない専門的な薬なのですが、この医療用医薬品もさらに二つに分けることができます。
それが先発医薬品と後発医薬品です。
薬と言うものは製薬メーカーが、長い年月をかけ研究に研究を重ね、更に出来た薬を臨床治験を繰り返し厚生労働省に申請を出し、安全で効果があると認められた時、やっと発売の許可が下ります。
こうした研究開始から発売するまでに、何十年もかかっている薬もあるのです。
先発医薬品・新薬は、こうした大きな努力と苦労から生まれたものですから、メーカーは、発売から独占的に販売できる特許期間を持つことができます。
この特許期間は20年から25年という間ですが、この期間は先発医薬品はしっかりと権利を守られて販売されるのです。
この特許期間が切れた医薬品は、ほかのメーカーも同じ成分、同じ配合で後発医薬品として販売ができるようになります。
この後発医薬品を、ジェネリック医薬品と呼びます。
同じ有効成分を含んでいるため、同等の効能や効果を得ることができると認められており、医薬品メーカーが製造販売しています。
このジェネリック医薬品の最大のメリットは、研究開発費用がかかっていないため、先発医薬品に比べて薬の価格が3割から5割程度も割安になることです。
今まで高額な先発医薬品を飲み続けてきた人が、より安価なジェネリック医薬品を飲むという選択ができ、経済的に負担軽減をすることができます。
慢性的な疾病のために、薬を飲み続けなくてはならない方は全国にたくさんいらっしゃいます。
それらの方にとって医療費の負担はとても大きなものです。
ジェネリックを選択することによって、今までよりも大きな節約に繋げることができるのです。
またこれは個人の経済の負担軽減だけでなく、国の保険料の軽減にもつながるため、大きなメリットがあります。
現在も膨らみ続ける国民の保険費ですが、これからの高齢化社会における医療費の額は、さらに膨大なものになると予想されます。
そこでこのジェネリック医薬品をたくさん使用することで、薬を自分で選ぶ自由と、国家規模での医療費の削減の両方を実現していくことができるのです。
また、消費税対策としてもジェネリックの選択は賢いといえるでしょう。
このように生活負担を軽減できるだけではなく、金銭のゆとりが出来るという事は気持ちにもゆとりが出来て良いのではないでしょうか。