1. >
  2. >
  3. 薬の副作用について

薬の副作用について

薬の副作用

 市販されている薬はさまざまですね。薬とは、症状を治す、治療するために飲むものですが、それとは逆に副作用があるものもありますね。
飲み合わせで副作用がでるということもあります。
また、薬を水でなく、牛乳で飲んだがために、薬の効果が出なかった、効果がですぎたということもあります。

 このように食べ合わせ、飲み合わせについても注意したいですね。
さて、薬ですが、この飲み合わせについて知らないと、無意識のうちにやっていたということもあります。
市販されている薬の場合、このようにお薬の情報、知識について知らないという方も手軽に買えたりします。
その反面、副作用について知らないでつかっているというケースも多いようです。

 市販されているお薬の副作用についてのニュースについても話題になったことがありますね。
いろいろなところでトピックス、新聞やニュースで報道されたことがありますよ。

 さて、このようにして、薬の副作用についても、薬剤師として知っておきたいところです。
ところが薬の種類が多い、最近は聞きなれない名前の薬も出てきてますますわかりにくくなり、この新薬の副作用についてまでも知るということが難しくなってきましたね。

 そこで、こうした薬の副作用を賢く学ぶ方法ってないのかということです。
今薬剤師として活躍しているけど、いまいちわからない副作用についても改めて勉強したい。
そして、これから転職して薬剤師として活躍していきたいという方などさまざまだと思います。
さて、どちらにしても新しい薬などを含めるとすごい数になりますし、これを全部把握しているというのはすごい知識が必要ですね。

用法や用量について

 それならば、まずは メジャーに出ているものを知ることからはじめたいですね。
このように、流行している一般的な薬からその副作用を学んでおくことで、消費者のニーズにもこたえることができるのではないでしょうか。
薬の副作用についても知っていないと怖いものがありますね。

 また、用法や用量についてもそうですが、薬の副作用として、眠くなる成分が含まれているものもあります。
こうした成分、普段だったら入っていても問題はなさそうですが。
でも車の運転をする前にこうした成分が含まれているものを飲んでしまったら、居眠り運転になりとても危険ですね。
こうしたことを踏まえて、薬について適格にアドバイスしていきたいです。
さて、この副作用についてもそのことを十分に消費者にわかってもらった上で販売できるようにするのが薬剤師の務めですね。

 たとえば、二日酔いで悩んでいるというお客さんに対して、どのようなアドバイスをしたらよいのかです。
こういうときにすすめたいお薬についての情報は、二日酔いによる吐き気やむかつきには、胃腸機能を調整する塩化カルニチンなどが配合された胃腸薬が良いです。
あと、頭が痛いときには鎮痛効果のあるイブプロフェン配合の頭痛薬が効果的です。
ただし、頭痛薬の種類によってはお薬との成分でお酒との相互作用が悪いものがあります。

 参考サイト→http://takeda-kenko.jp/navi/navi.php?key=futsukayoi&ppc=001_019_101101