1. >
  2. >
  3. アレルギーの種類や特徴

アレルギーの種類や特徴

アレルギーの種類

アレルギーとは、一言で言うと免疫システムの異常のことです。
私たちの体の免疫システムは外部から侵入する細菌やウイルスなどの抗原を排除するために働いています。
アレルギーとはこの免疫システムが何らかの原因で本来の抗原異物以外の人体にとって無害であるはずのものに働いてしまう症状のことです。
アレルギーの特徴は、樹木、植物の花粉、食べ物など、本来は人間にとって無害なものにまで免疫システムが過剰反応してしまうようになり、これらを排除しようとして様々な症状が引き起こされることです。
具体的には蕁麻疹ができたり炎症を起こしたりといった皮膚トラブルが発生したり、喘息を発症したり、発熱が起きたりといったことなどが挙げられます。
アレルギーの症状を引き起こしてしまうものはアレルゲンと呼ばれ、それらには花粉、食物、金属、薬物のほか、ダニやハウスダストなども含まれます。
主なアレルギーの種類にはアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、食物アレルギー、金属アレルギー、薬物アレルギーなどです。
アトピー性皮膚炎は肌が乾燥して外部からの刺激に弱くなり、激しいかゆみを伴う皮膚炎で、主に乳幼児や子供がかかることが多いです。
しかし最近は大人でも発症する人が増えてきています。
この症状の治療にはステロイドの外用薬が用いられるのが一般的です。
春に多くなるのが花粉症に代表されるアレルギー性鼻炎です。
この鼻炎のアレルゲンとなるのはカビやハウスダストも含まれます。

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎の治療には抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬などが使用されています。
またスギ花粉がアレルゲンの場合は花粉に体を慣らす治療が行われることもポピュラーになってきました。
花粉症の場合、鼻炎のほかに目がかゆくなったり、充血したりといった症状が起こります。
さらに、北海道に多くある白樺の花粉症になりますと、リンゴ、モモなどの特定の果物を食べると口の中がかゆくなったり、腫れたりといった独特の症状に見舞われます。
食物アレルギー、金属アレルギー、薬物アレルギーの場合は、アレルゲンとなるものを使用するのをやめたり、摂取するのをやめたりすることで改善が可能です。
しかし症状が改善しない場合は抗ヒスタミン薬などでの治療が行われます。
気管支喘息もアレルギー疾患の一種に分類されています。
この症状も従来は主に子供に発症するものでしたが、近年になって大人の患者が増えつつあるようです。
気管支喘息はアレルゲンを吸い込むことや、急な運動やストレスなどが原因となって起こります。
この症状の治療には気管支を広げる薬が使われるほか、吸入型のステロイド剤も用いられています。