1. >
  2. >
  3. 食物アレルギーについて

食物アレルギーについて

食物アレルギー

食物アレルギーは食べ物を食べた時に発生する蕁麻疹や喘息などの様々な不快な症状のことを指します。
こういった症状を起こす人は食べ物に含まれている特定のたんぱく質に反応してIgE抗体を作ってしまう体質なのです。
食物アレルギーの発症の仕方には即時型と遅延型の2種類があります。
一般的に「食物アレルギー」と定義されるのは、食べ物を食べてからすぐに症状が発生する即時型のものを指しています。
即時型は食べ物を食べてから1時間~4時間以内に発生し、蕁麻疹ができたり皮膚が赤くなったり、むくんだりといった症状が一番多く出ますが、中には喘息や嘔吐、腹痛などが出ることもあるのです。
最も重篤な症状は血圧が下がり、意識が遠のくアナフィラキシーショックです。
即時型の食物アレルギーの症状は、食べ物にIgE抗体が働くことで発生するため、医療機関ではアレルギーを引き起こす可能性のある食品に対してこの抗体があるかどうか血液検査を行います。
しかし、IgE抗体が見つかったとしても必ずしもアレルギー症状が出ないこともあります。
一方遅延型は、食べ物を食べた翌日あるいは2日後に湿疹が出たりなどの症状が出るアレルギーです。
このアレルギーは特定の食品に反応するリンパ球によって起こるため、IgE抗体は関わっていないという特徴を持っています。
遅延型のアレルギーがあるかどうか確認する方法には、血液から抽出したリンパ球にアレルギーを起こす疑いがある食物と混ぜ合わせて反応を確かめる試験がありますが、これは研究として行われている実験であるため、一般の人が行うことは不可能です。

食物アレルギー

食物アレルギーを起こす原因物質はアレルゲンと呼ばれます。
食物アレルギーでアレルゲンとなるのは、食品に含まれる特定のたんぱく質です。
卵白に含まれるたんぱく質の中でアレルゲンとされているものには、オボムコイド、オボアルブミン、リゾチームなどがあります。
なお、食物アレルギーとよく間違えられる症状には食物不耐症というものがあるということも知っておきましょう。
この症状は特定の食べ物を食べると不快な症状が起きるもので、アレルギーとはまた別の症状です。
食物不耐症にはアレルギーを引き起こすIgE抗体は全く関係ありません。
代表的な食物不耐症には、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロするといった症状です。
この症状は牛乳の中の乳糖がお腹の中で分解できないために起こります。
食品の中にかゆみを引き起こすヒスタミン、アセチルコリンが含まれている場合もアレルギーに似た症状が起きますが、これも本当の食物アレルギーとは区別されます。