アトピー改善に効果的な飲み物

お茶にもアトピーに効果が期待できるものがある

私たち日本人は食事の際にお茶を飲みますし、夜テレビを見ながらお茶を飲んだり、三時のお茶の時間に甘いものと一緒にお茶を楽しんだりします。

お茶にはカテキン、カフェイン、ビタミンなどがあり、また抗菌作用もあるなどから、風邪、インフルエンザなどが流行っている時期には、お茶うがいをするといいともいわれており、日本人にとっては本当に身近な存在です。

こうしたお茶の中には、アトピーに効果が期待できる成分を持っているものがあり、アレルギー性疾患をお持ちの方の改善に利用出来るのではないかと期待されています。
烏龍茶、緑茶などがよく知られているお茶ですが、普段飲むことが出来てアトピーなどのアレルギーにも効果が期待できるお茶には何があるのでしょうか。

それぞれのお茶に含まれている成分を理解して活用しよう

どくだみ茶は古くから日本でお茶としてのまれてきました。
このどくだみには抗酸化作用があり、カフェインを含まないため、妊娠されている方も安心して飲むことができます。

ただ市販されているどくだみ茶は、その他の成分がふくまれていることもありますので、カフェインが含まれていないかどうか確認が必要です。

最近よく聞くようになったお茶の一つに、べにふうき茶があります。
べにふうき茶には、メチル化カテキンと呼ばれる成分が含まれていて、通常のカテキンと比較すると、非常に吸収力があり脂に溶けやすいという性質を持っているので、排泄されず体内にとどまってくれるといわれています。

近年、炎症やかゆみをもたらすヒスタミンの発生を抑制してくれる働きを持っていることが確認され、より一層アトピーなどのアレルギー疾患をお持ちの方に注目されています。

びわの葉に含まれているアミグダリンという成分にも、かゆみや炎症を抑制する効果があるとして、びわの葉茶なども最近よく利用されている方が多くなっています。

不妊症の方もよく飲まれているというルイボスティーも、アトピーなどのアレルギー疾患をお持ちの方から注目されています。
このルイボスティーについては、スーパーオキシドジムスターゼと呼ばれる成分が含まれていて、過剰となった体内の活性酸素を除去する働きがあります。

こうした各種のお茶については利用しても効果がないという人もいますし、効果がかなり出たという方もいます。
アレルギーは発症の原因などがそれぞれ人によって違いますし、体質などもありますので、あう、あわないが出てきます。

他の方が飲んで非常に高い効果があったとしても、お薬ではないので、全く効果もないという人もいて、飲んでみて効果が出るかどうかといった所ですが、アトピーなどはアレルゲンが人によってかなり違いますので、成分を理解しアトピーの原因物質が含まれていないことを確認してから利用するようにしましょう。