1. >
  2. >
  3. アトピー改善のための食生活
食事

アトピー改善のための食生活

アトピーをお持ちのお子さんが多くなっている現代

小学校の給食などでもアレルギー専門食があるというほど、最近はアトピーなどのアレルギーをお持ちのお子さんが多くなっています。
アトピーの症状があるので毎日の食事について気を使っているという方も多いと思いますが、何が本当に正しいのか?情報の信憑性に迷ってしまう方も多いようです。

なのでアトピーを食事からしっかり改善したいと思う方に、食べ物の選び方、また食べる時にバランスよく食べられるように、食べ物の黄金比率について紹介します。

またアトピーに悩む人のほか、食事をバランスよくしていきたいという方も、食事の仕方、食材の選び方など学んでいきましょう。

アトピーを改善する食事のおきてを知っておこう

アトピーを改善するために食事のおきてを知っておくことが必要です。
まずは荷機栽培、無農薬の玄米を1食から3食頂くということです。
玄米からスタートして食物戦士、ビタミン、鉄分、カルシウムなどの玄米に含まれるバランスのとれた栄養価、また排毒してくれる食物繊維の効果を期待します。

玄米を最初に食べてから食事にとりかかります。
野菜はビタミンや水分を豊富に含んでいますが、アトピーに大敵となるのが化学物質です。
無農薬や有機野菜に切り替えて、少々お値段が高くなりますが、ここはアトピーを改善する薬代と思って毎日安全な野菜を食事に取り入れます。

野菜を利用する時には皮をむかずに皮ごと頂くということが基本です。
無農薬や有機栽培の野菜なら皮があっても安全ですし、この皮にこそ、豊富な栄養素が含まれているのです。

調味料についてもしっかり考えよう

調味料は伝統製法のものを利用する、若しくは化学調味料が入っていないものを利用します。

味噌、醤油に関しては機械的な製法で作られていて化学調味料などが利用されていることが多くなっていますので、熟成されている本当の調味料を利用することが求めれます。
塩などは人工的な製法で作られた天日干しのものなどが理想的です。

発酵食品、味噌、醤油、納豆などを毎日食事に取り入れます。
発酵食品は免疫力を向上させ、腸内環境を改善してくれます。

白砂糖は中毒性があり、小さいお子さんは年齢が高くなってもその中毒性を継続することになります。
血液の酸化、また皮膚炎の即効性もかなり強いですし、精神不安定の原因といわれています。

白砂糖はアトピーのほかにも糖尿病や骨粗しょう症の原因ともいわれていますので、白砂糖が含まれている食品も除去します。

お肉、果物、粉物について

粉物料理については、乾燥肌の原因とされていますし、ダイレクトに腸を汚すといわれている食品です。
小麦などには大量の農薬が利用されていることも多く、市販されているパンには化学調味料などもたくさん利用されているものがあるので気を付けましょう。

お肉類、魚、卵、乳製品は食べないことで、アトピーの改善を狙います。
また果物はバナナ、マンゴー、パイナップルなど熱帯性植物は糖分が非常に高く白砂糖と同じような症状が出るといわれていますので、食べないようにします。